同人誌情報
現在委託中の同人誌について表示しております。画像をクリックすれば大まかな内容が見えるページへ飛べます。 (DL販売品は商品ページへ直接飛びます)

【博麗神社秋季例大祭2】
厄塊者の小夜曲
厄塊者の小夜曲
とらのあな様(特設)
メロンブックス様

 

【砲雷撃戦6&軍令部酒保】
霜柱
霜柱
とらのあな様(特設)
メロンブックス様

 

【東方紅楼夢9】
雷鼓さんと遊ぼう♪
雷鼓さんと遊ぼう
とらのあな様(特設)
メロンブックス様(特設)
メロンブックスDL様

 

【C84】
RYUJOU!! RYUJOU!!
RYUJOU!! RYUJOU!!
とらのあな様
メロンブックス様

 

【C84】
SENPAI&KAWASHIRO Vol.3
ANARCHY
とらのあな様
メロンブックス様
メロンブックスDL様

 

【第10回例大祭】
合同誌「ANARCHY」
ANARCHY
とらのあな様
メ ロンブックス様

 

【第10回例大祭】
「石の魚」
石の魚
メロンブックス様
メロンブックスDL様

 

【C83】
HENTAI GIRLS TALK
HENTAI GIRLS TALK
とらのあな様
メロンブックスDL様



【メロンブックス様DL販売集】

華扇ちゃんがメイド服着てエロい事してる本
華扇ちゃんがメイド服着て
エロい事してる本

 

DIET失敗華扇ちゃん
DIET失敗華扇ちゃん

 

蕗の芽吹く頃に
蕗の芽吹く頃に

 

SENPAI&KAWASHIRO
SENPAI&KAWASHIRO Vol.2

 

SENPAI&KAWASHIRO
病葉

 

酒宴は桜の木の下で
酒宴は桜の木の下で

 

SENPAI&KAWASHIRO
SENPAI&KAWASHIRO Vol.1

 

しんきんぐたいむ
しんきんぐたいむ

 

茨百花
茨百花

 

花のピアス
花のピアス

 

殺したい男ができました
殺(け)したい男(ひと)が出来ました。

 

hyousi2.jpg
物忌話

 

釣り
釣-とある釣り人の初級編-

 


hyoushi2.jpg
妖桃源のあとしまつ

 


妖桃源
妖桃源

 


嘘吐き
嘘吐き<無料!>

 


Flagbreak.jpg
Flag Break<無料!>

 

 

【販売終了品】

 

【C77】
空繰
karakuri


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS更新:瀟洒なメイドの瀟洒なる対応

ヤバドゥ! ヤバドゥ!! ヤバドゥ!!!

今回もまた更新ということでSSですかコンチクショウって言われそうですね。
はい、その通りで御座います即土下座るターン。

てわけで今回もまた、道草さんの企画に乗ってみたりしまして。

今回は、咲夜さんをいきなり背後から抱きしめてみようという感じのお話となっております。
どうぞお楽しみ下さいませ。


ではMore から読めますのでどうぞどうぞ。

 僕には一つ気になることがあった。
 
 誰しも不意に考えることだ。
 そうして大抵は想像をし、そのつまらない結末に安堵して日常へと帰って行く。
 その程度の些細で下らないものだ。
 
 いわゆる好奇心の起こす悪戯という類のもので、別にそれを見たからと言って特に自分に得られるものはなにもない。
 寝て起きれば忘れる程度のものでしかない。
 
 だが、今回はそうも行きそうに無かった。
 
 何を悩んでいるか?
 それは──
 
「咲夜は背後からいきなり抱きすくめられると──どんな反応をするんだろうな」
 
 と、いうものである。
 
 我ながら実に下らないと思う感情である。
 お前は寺子屋の小僧かと罵られてもおかしくあるまい。
 
 ただし、相手はあのメイドなのだ。
 そう、あの完璧で瀟洒なメイドである。

 いったいどういう対応をするのか気にかかって仕方なかった。
 寝ても覚めてもそのことばかりが浮かび、取るもの手につかずの状態になっている。
 
 もう一つ気になる項目として、あの八雲紫を抱きすくめるとどうなるか実践したい気はするが、流石に生命の危険と精神の危険の両方が起こりうるためそれは断念した。
 誰しも、すこぶる付きの地雷を踏み抜く気にはならないものだ。

 幸い咲夜に関してはこの店の得意客であり、なおかつそれなりに親しい間柄である。
 ただの悪戯心であったと言えば納得して貰えるはずだ。

 しかし、そこで問題になるのはタイミングだ。
 彼女が僕に対し、背中を向ける瞬間はそう多くない。
 
 店に訪れるときは大抵、主を連れている。
 その主の相手をしている限り、彼女の背後に回ることはできない。
 
 やるなら、この店内よりも外で彼女と歩いている時ぐらいではないだろうか。
 偶然を期待し人里をぶらつくのも悪くない、と考えたところでふと思い出す。

 そう言えば稗田から呼ばれていた様な気がする。
 当然無視するつもりだが、人里に居るのを見られては些か厄介である。

 今日は日が悪い。
 また別の日にしよう。
 
 そう思ったところで店のドアが開く。
 
「いらっしゃいませ。……おや」

「はい、いらっしゃいました」

 ビニール傘を片手に、彼女は店のドアをくぐり現れる。
 僕の考えを読んだかのように、タイミングよく現れる完璧で瀟洒なメイドその人であった。
 
 
 
                              瀟洒なメイドの瀟洒なる対応         
  
 
 
 
「それで、急に紅茶が切れてしまって、か。あのお嬢様の奇癖にも中々苦労させられるね」

「思いついたら真っ直ぐですもの、仕方ありませんわ。ロイヤルミルクティなんてどこで覚えたのやら」

 咲夜はため息を深々と吐き、僕は肩をすくめる。
 なんでも料理漫画を見て思いついたレミリアが、その妹を巻き添えに紅魔館で「究極vs至高」の紅茶勝負をすると言い出したのだ。
 
 漫画に影響されて動くのは仕方ない。物好きなら誰でもやりたがるし、実際それから生まれる新しいメニューは世を動かす種になる。
 
 そう思って内容を聞いたのだが、正直聞くんじゃなかったと後悔した。
 
 至高のメニュー側のレミリアは、とっておきの紅茶葉を大量のミルクと練乳で煮出し、これが私のクイーンMAXロイヤルミルクティだとかなんとか言ったのだとか。
 甘味とミルクのコクがこれでもかと前面に押し出された結果、紅茶のフレーバーだけが僅かに残る程度の至高の高カロリー飲料にしかならなかったらしい。
 
 紅茶葉に対する冒涜である。
 
 一方、究極のメニューだとか言い出すフランドールも同じように、紅茶の茶葉を手当たり次第に無差別ブレンドし、魔女の大鍋で煮詰めに煮詰め、究極のプリンセスブレンドを完成させたのだという。
 色を見るだけでわかるその濃厚な苦味と、混ざりきった各種様々な紅茶の匂いは、紅茶好きの思考を因果地平の彼方に吹き飛ばす──まさに究極の毒物へと進化したらしい。
 
 紅茶葉に対する陵辱である。
 
 なお、評価は至高の勝利。
 審査員達が掲げた評価は「まだ飲める」とのことであった。
 
 その後甘味と苦味のダブルパンチを食らって、グロッキーになった審査員のために胃薬も合わせて欲しいとのことである。まったく、彼女も苦労をしているな。
 
「そうなると大量に紅茶葉が要るだろう? うちにあるのは数が限られているんだ。薬は勿論置いてるがね」

「勿論量も欲しいですが、それは街でどうにか仕入れることにします。正直なところ、今重視するべきなのは味とレアリティなので」

「ほう。と、言うと?」

「あんな究極と至高の勝負の後ですもの。皆口直しが要るでしょう?」

 なるほど。実に素晴らしい。
 確かにそんなものを飲まされた後では、口直しの一杯も欲しくなるだろう。
 
「君はメイドの鑑だね」

「お褒めにあずかり光栄ですわね。ですのでとっておきの一品をくださいます?」

「お任せ下さい。最高の逸品をお持ちしましょう」

 そう言われては頑張らざるを得ない。
 僕はしばらく待ってくれるように告げ、店の奥に置いてあるとっておきの品を持ってくることにした。
 
 
 
 
 
「──と、言ったものの。これではな」

 これは後で来て貰った方がいいかもしれないと、倉庫の中を見て嘆息した。
 
 他人から見ると僕の倉庫は整理されてないとのことだが、一応は整理している。
 いつどこに何を置いたかわかるように時系列に分けているので、すぐに欲しいものが見つかるはずなのだが。

 その法則が他人によって侵略されてしまってる。
 きっと魔理沙か霊夢かのいずれかの仕業だ。

 整理されていたはずの倉庫の品はあちこちに固めて置かれ、既にどこに何があるかわからない状態。これでは見つけ出すにも一苦労だ。

 こと、中央付近に固めて置かれた天にも届きそうな物品のバベルは、僕の身長を優に超しており、何品か抜き取った瞬間バランスの神の怒りを買い、崩壊してそのまま倒れてきそうな勢いだった。
 
 まったく、あいつらは何をしてくれるんだ。
 
 あとで説教をしてやることに決め、そこには触れないようにしながら他のエリアの発掘をしている最中のこと。
 
 部屋にもう一つ気配が出来ている事に気付き、振り返る。
 そこには眉根を寄せた咲夜の姿があった。
 
「店主さん? この倉庫は流石に頂けないわ。うちの図書館よりも酷いじゃない」

「僕もそう思う。あいつらが余計なことをしでかしてくれたみたいだよ」

「なるほど。それで紅茶は見つかりました?」

「まだだよ。済まないがもうしばらくだけ時間をくれないか? これでは探すのに少々時間がかかりそうだ」

 仕方ありませんね。
 そう彼女はため息をつくと、カチューシャを取り外してすっと懐にしまい込む。
 
 ──? どういうことだ?
 
「代金から少々お値引きいただきますからね」

「手伝ってくれるのかい?」

「精神衛生上よくないの。こういうものは──」

 見上げる先にあの物品のバベルがあった。

 ああ、そうだろうな。
 整理整頓、それが君の仕事の一部なのだから。
 
 僕は自分の幸運に感謝しながら、彼女の助力を受け入れることにした。
 
 

 
 
「これはどちらに?」

「そっちに陶器で分けてある」

「この樹脂と金属の混じったものは?」

「こちらに金属品とまとめておいておいてくれ。後で片付ける」

「これは──」

 そんな感じで倉庫の整理は進み、残るはバベルの塔の攻略になった。

 咲夜は確かに優秀な掃除人である。僕一人だと二刻はかかりそうな作業を半刻以下で済ませてくれた。いかに彼女の技術が高いかを示しており、棚卸しの時には彼女を雇うのも悪くないかも知れないと思い始めていた。
 
 そんなときである。
 彼女がふと、声を上げた。
 
「店主さん。もしかしてこれがそう?」

「おや。そこにあったのか」

 咲夜が指さすのは彼女の目線よりもやや低い目位置。
 物に埋もれて、見慣れた紅茶缶が顔を出していた。

「灯台もと暗し……ですわね?」

 僕の背のことを揶揄しての事らしい。まあ、確かに咲夜の目線でなければ見えなかったのは確かだ。
 こんな時、すぐに気付くのは女性だというのも通説であるし。

「じゃあ、この塔を攻略していくかな」

「そうですわね。それでは──」

 僕の冗談に彼女は微笑み──その缶をいきなり抜き取った!!
 
 おい、咲夜!? そんなことをすればどうなるか──!!
 
 一瞬でバランスを崩したその物品の塔は、数多の雨となって降り注いでくる。

 彼女は知らない。
 その中にスーツケースや刃物といった危険な品々があることを。
 それらが頭にでも当たれば、怪我だけでは済まない。
 
 彼女は人間であり、女性なのだ。それほど高い耐久力を持っているわけではない。
 
 僕は瞬間的に判断を迫られる。
 この状況において彼女と物品、両方の無傷を確約させる手段を経験則より選び出せ、と。
 
 そこではじき出した結論は一つ。
 そんな都合の良い手段など存在しない。
 ただし──近似値なら存在する。

「危ない!!」
 
 僕はそう反射的に彼女を抱き寄せ、自分が盾になって降り注ぐ物から守ることを選択した。そうすることにより、落下物から身を守れ、同時に落下物を自信の身体で受けることで、衝撃を和らげある程度の品は無傷で収まる。
 
 まったく皮肉かつ不合理な話である。

 僕に損しかないじゃないか。
 どうしてくれるんだ。
 
 そう思いながら、しっかりとその背を向けた細い身体を抱き寄せ、上から降り注ぐ物たちから受けるダメージを想定する。身体は既に丸めてあるし、刃物やスーツケースの類なら僕の身体で充分に受け止めきれると判断する。あとは痛みと重さ、両方に耐えきればいいだけだ。
 
 そう思い目を閉じ、襲い来るその瞬間を待つのだが──。
 
「店主さん、目を開けてくださいます?」

「は?」

 そんな明るい声に、思わず間の抜けた声が漏れた。
 彼女の体勢は先程までと変わらない。その細い身体もまるで先程と変わらないし、抱いた感触もそのままであるのに。
 
 言われるがままに目を開いた僕の前に広がるのは、数多の物が降り注ぎ、砕け散ったあとの無惨な倉庫の情景ではなく、整然と物が並べられ、あのバベルの姿など最初から存在しなかったと言われそうなほどに、整理された倉庫の姿だった。
 
「何がどうなってるんだ? これは……」

 僕の言葉に咲夜は、くすっと笑って答えた。
 
 
「種も仕掛けもあるマジックです」





 そうして倉庫の整理は終わり、僕らは店内にいる。
 咲夜は僕の対面に座り、先程淹れたばかりの紅茶を愉しんでいた。
 
「つまりあれは君の故意で起こした崩落だったわけだ」

「ええ。スピーディに整理を済ませる方法でしょう?」

 仕掛はこうだ。

 崩れてくる物品は、崩れ落ちてきた瞬間時間を止めてしまえば、個別に散らばり目視での判断が容易になるし場合によっては踏み台にもなる。

 あとはそれらを回収して片付ければ何の問題もなく、一瞬で全てが整理できてしまう。
 彼女の時間停止の仕様がどうなってるかわからないが、つまりそういうことらしい。
 
「それはまた無茶苦茶な──いいや、君にしかできない方法だな」

「あまり手間をかけて、皆を待たせるのも宜しくないので」

 紅茶に一口つけ、咲夜はふうと、感じ入ったような息を吐く。
 試飲を兼ねて先程の紅茶を淹れてみたがわけだが、この反応ならほぼ大丈夫だろう。
 
「それにしてもこの紅茶、すごく美味しい。やはり外界産は出来が全然違いますし──なかなか店主さんも結構なお点前で」

「お気に召して貰えて何よりだ。無論茶葉の力も大きいが紅茶は淹れ方が大事だからね。それぞれの特性を見極めていかなければならないが、温度管理と水には気を遣ってるし、そして何より、茶器はしっかりとしたものを用意させて貰った」

 本来はティーポットを使うのだが、今回は使い慣れた白磁器の急須を持ってきている。
 これは僕の趣味用のに扱っている急須で、霊夢も一切手を触れてない紅茶専用のもの。

 あの阿求が欲しがる程度には作りのよい物だ。
 以前それを使っていた際、阿求がこの茶器の扱いに対して文句を言ってから、特別な賓客をもてなすためにも用いる事にした。彼女も紅茶の趣味を持っているだけに、その目は確かなものと信頼している。
 
 当人から何度か譲れと言われたことがあるが、当然譲る気はゼロである。
 人が欲しがる物は気軽に売ってはいけない。それは商人として当然の行いである。
 
「そうですね。ところで店主さん、こちらの紅茶のお値段は──いかほどに?」

「そうだね。先程の倉庫整理の分も併せて──」

 と、言いかけたところでふと、あの時の感触を思い出した。

 咲夜をあの時、確かに僕は抱いた。

 華奢な身体でありながら柔らかさもあり、今思い起こせば髪から実に良い匂いがした。
 それは僕の気になっていた要素とは異なるが、悪戯心を起こした際得られるものとしては等価である。
 
 さらに彼女は頭の回転が速い女性であり、僕の悪戯心程度は軽く見抜いているのかもしれない。寧ろその程度が見切れない程に、鈍いとも思いがたい。
 
 そう考えてみれば、あの時の行動は違和感に作為を感じる。
 
 時間を止められるのならば、最初から時間を止めて作業をすればすぐに済むはずだ。
 わざわざあのタイミングで時間を止める必要はない。
 
 少し考えれば誰でも気付くことだ。

 確かに彼女の能力を使えば、崩れ落ちるものを止めてそのまま整理できるというのは正しい。だが、それは──僕が抱き止めた後で使うものではないし、わざわざ僕に背を向けてまでやる行動ではない。
 
 第一、それをやるなら最初から説明しておけば全く問題はない。
 彼女は若干考えの読めない所部分もあるが、基本的には合理的な人間である。
 
 そんな彼女がわざわざ失敗するリスクを背負ってまで、あんな無茶な芸当をこなす必要はどこにもないのだ。
 
 何より最大の違和感は、最後の部分。
 彼女は──全てを整理した後で、僕の腕の中に再び戻っていた。
 
 考えてみればそこは、極めて無駄な部分である。

 時間を止めて整理をした後、わざわざ腕の中に戻る。
 そんな非合理な事を、彼女が進んでやるわけがない。

 これはしっかりと聞いておく必要がある。
 
「ところで気になったんだが。どうして時間を止めた後、僕の腕の中にわざわざ戻っていたんだい?」

「ああ、それですか。勿論……その方が都合が良かったので」

 ──確定である。 

 彼女は僕の悪戯心など最初からお見通しであり、計算尽くであの崩落を起こし僕の思考を利用したのだ。紅茶の一件が無ければきっと行われることなど無かっただろう。
 
 つまり、これは彼女の用意した「奇術の舞台」であり、その中にいた「観客」であったはずの僕でさえも筋書きの中に巻き込んでの一大パフォーマンスであったのだ。
 
 それを示す言葉は、ただ一つ。
 
 種も仕掛けもあるマジック。
 あの時彼女が言っていた言葉が、まさに端的に表された真実だったのだ。
 
 ここまでいけば感服しかできない。
 彼女は瀟洒で完璧なメイドであり、完全無欠で荒唐無稽な奇術士なのだ。
 
 そこで見事に踊らされてしまった対価を僕は、支払うべきだろう。
 
「では、今回は特別に無料にさせていただくよ。君の見事な手品のお礼だ」

「あら──宜しいのです? でしたら遠慮無く」

 彼女はそう言って紅茶を一口し、頬を緩ませる。
 その様子は一大奇術を終えてくつろぐ、年相応の少女の顔だった。
 
 
 
 
                                                                   ──了








はい、そういうわけで。
なにこのダメな大人
でしたね。どう見ても。

なお、時間が止まっている間に何があったのかは、ご想像にお任せする方向で動きたく思います。
もしかすると何かあったかもしれないし、そうでないのかもしれない。



と、いうわけで今回はこのへんで。

また次回お会いいたしましょう。
したらな!!














<WEB拍手返信コーナー>

と、いうわけでどうも毎度ありがとう御座います!
皆様の拍手とお言葉でやる気が出てきてる今日この頃で御座います。

では早速返信とな とな。

>その偽名はどうなんだ?ということでさとりさん素敵~
どもありがとうございまし!!
一瞬、え、これってオリジナルなん? て思わせるあたりにこざかしさのある矢本堂でございました。
Bellmanさんの作品は今回もPixivで出ておりますのでどうぞごらんになってくださいませ! オススメですわ!

なお、幽香さんに関しましては、別名点描様というタイプのものもおります。
大変お姉さんぶり気質ですが失敗してる残念な人なのでなかなか機会がないかもしれません!

要望があれば現れるかも知れませんが!!


そんなわけで今回はこのへんで。
また次回お会いいたしましょう!!


したらな!!

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
Pixiv投稿画像
プロフィール

yamoto

Author:yamoto
職業:無職・もしくは白血病患者
趣味:落書きと妄想
メアド:yamoto84@hotmail.com

行き当たりばったりを極めすぎてなんだか変な病気になったようです。
性病とかじゃあないあたり、とても人間性が出てると思います。

現在都心から、愛媛県へ連れ戻された模様。



なお、バナーもできましたので、リンクを張られるさいはこちらをご利用ください。 エロ絵もあるので18歳未満の立ち入りを避けるべく、リンクはトップページに張ってくださいませ。

バナー1
矢本堂落書市
バナー2
矢本堂落書市

お持ち帰り用簡単リンク(コピペして使ってくださいませ)
バナー1


バナー2

お知り合いリンク
イラスト系サイト


ASRAILL HOMEPAGE
あすりんのとこ

在(ありや)
妹尾さんとこ

BLUEHOT+
STRO-さんとこ

DynamitePussyCat
DPCさんとこ

Floating Wreckage ver.1.8
しのぎさんとこ

GLOREA Web Site
YUくんとこ

GOLGOTHA
泥さんとこ

GRAND CUBUS
コア助さんとこ

Include Web
ぐったりさんとこ

monochrome
こめっとさんとこ

Points
HAMさんとこ

Rojo y Verde
緋翠さんとこ

TeamInazuma
いいのよ

We Are Funky Chicken
う~太さんとこ

White×Silhouette
まどみのひとのとこ

嘘つき鼻のびる
オヤジ同盟のひと

裏の竹林@借用地
うらたけさんとこ

おかわり自由
しゃもじさんとこ

おしゃれどろぼう
STRさんとこ

おのものおき
おのさんとこ

葛根湯
かか七さんとこ

白箱黒箱
へべさんとこ

くまたんFLASH!
はなぉさんとこ

しゅまの蜂撃破記録簿
しゅまさんとこ

チェねずみ
チェインさんとこ

月の見える丘
織月のひと

でっこれーと
でっこしゃんとこ

灯琳堂
さとやさんとこ

二重傷
銀寺のひとのとこ

ひなた水
ひなみさんとこ

へび右曲がり
うばにすさんとこ

ポンキチR&R
ええい! 朝目の絵師は化け物か!? 赤いタイトルは3倍速です。

麦飯露店
本流殿……まっこと、広くなり申した……

まぐろ置き場
はらちのとこ

妄想会社 電脳筆
マスカワ社長のとこ

妄想族の巣窟
ちゃらむ~さんとこ

桃のカンヅメ
七桃さんとこ


文章系サイト


イッシーのほのぼの(?)なブログ
イッシーさんとこ

動かないSS保管庫
seiさんとこ

Evolution & ReraOrganization in blog
鬼狼さんとこ

黒百合の呪い
サレナさんとこ

茶点工房
みなかみさんとこ

十四朗亭の出納帳
十四朗亭さんとこ

人生道草
道草さんとこ


$貯金日誌
ドルルンさんとこ


天狗の井戸端会議所inうぃんぐ宅 うぃんぐさんとこ


鳩の戦記
鳩さんとこ


竜のねぐら
はみゅんさんとこ



音楽系サイト

モヒカンサンドバッグ

造形系サイト

三原の隠れ里
三原王二郎さんとこ



コスプレイヤー系サイト

What’s your favorite pastime?
天音かのんさんとこ


同人誌委託先

とらのあな
とらのあな様

メロンブックス メロンブックス様

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。